•  
  • @fm787さんをフォロー

    HOME > さくらFM イベント > イベント詳細

    Information さくらFMからのお知らせ

    さくらFM通信 第3号

    2014(平成26)年5月23日発行

    ┌┬───────────────────────────────────
    ├┼┐  西宮       78.7MHz       2014(平成26)年5月23日発行
    │└┼┐ さくらFM通信 第3号       西宮コミュニティ放送株式会社
    │ └┼┐                    発行責任者 北村英夫
    └──┴┴─────

    さくらFM通信をお届けさせて戴いている皆様、元気にお過ごしでしょうか。
    第2号から半年以上経ってしまいました、ご無沙汰し過ぎでごめんなさい!!(^_^;)
    さて平成26年度も本格稼動状態ですが、さくらFMは昨年度「開局15周年記念イヤー」
    関連事業を大成功させた勢いをより加速させるべく、今年度もスタッフ一同全力を尽く
    しますので応援よろしくお願いします。
    今回久し振りの第3号では、(1)第2号以降の動き、(2)最近の状況、(4)今後の活動志向
    についてご報告します。
    ====================================================
    ■ 1.さくらFM、平成25年11月~26年5月の動き
    ====================================================

    (1)昨年11月10日ビルボードライブ大阪でさくらFM主催「DJ Nobby’s OSAKA LIVE」を行い
    ました。さくらFMのパーソナリティーNobbyこと福永信彦くんの大活躍で関西随一の
    ジャズの殿堂が、さくら色に染まる大成功イベントとなりました。

    (2)11月27日「さくらFM開局15周年記念・新たな出発の集い」をノボテル甲子園ホテル
    「甲陽の間」で関係者250名の参加を得て開催しました。
    当日は「15周年記念誌」や「おみやげ」の配布、さくらFM応援ソング「銀色の波」
    のお披露目等大盛り上がりで、全員で「大飛躍への誓い」を確認しました。
    この大成功については記念誌に広告を打って下さった企業様、パーティーの飲料やお
    みやげ品を提供頂いた企業様、ご祝儀を頂いた企業様、ノーギャラで出演および進行
    に協力頂いた皆様、多大のサービスを頂いたノボテル甲子園様の存在抜きに語れませ
    ん。改めて御礼申し上げます。

    (3)今年になった1月10日より、私が社長着任以来検討してきました「緊急告知ラジオ」の
    販売を開始しました。これは南海トラフ巨大地震の発生や津波の襲来、台風や集中豪
    雨等市民の生命・財産に重大影響を及ぼす緊急事態が生じた際、音源オフ状態でも自
    動起動し最大音量で情報発信する優れもので、安全安心確保に大きな力を発揮します。
    発売以来4ヶ月で1,000台程販売しましたが、西宮市の人口486,000人からするとまだほ
    んの一部にすぎません。自らの生命財産、また大切な従業員や会社を守るための必需
    品として是非ご購入をお願いします。

    (4)1月17日は阪神淡路大震災から19年で、これに先立つ1月9日~12日にかけて、局の周波
    数78.7MHzにちなんで78.7時間ぶっ通しの生放送を行いました。
    南海地震が発生した場合地域放送局の真価を問われますが、その訓練を兼ねたもので
    期間中には「十日戎・開門神事福男選び」や金谷こうすけさん主催の「阪神淡路大震
    災メモリアルコンサート」、「キングブラザーズ復活ライブ」を実況中継する等多く
    の新企画を試みたことがリスナーから絶賛されました。

    (5)2月20日、阪神間(尼崎、西宮、伊丹、宝塚)の4商工会議所とFMラジオ局の共催で
    「阪神間ぐるり新発見」シンポジウムと交流パーティーを開催しました。そこで今後は
    より一層力を合わせて阪神地域の振興・活性化に努めることを確認し合いました。

    (6)3月10日~12日にかけて東日本大震災3年の節目を迎える宮城県南三陸町・女川町を中
    心に東北地方被災地訪問事業を実施しました。
    現地では両町の追悼式典に参列して被災地の「最も厳かな時間」に寄り添わせて戴い
    た他、様々な活動をしました。この時の様子を参加者が感想文に綴り、さくらFMの
    ホームページに公開していますので是非ご覧ください。

    ====================================================
    ■ 2.最近の状況
    ====================================================

    (1)今年の3月から毎月17日17時から西宮市防災危機管理局が防災行政無線を活用した
    「緊急告知訓練放送」を実施することになり、さくらFMも緊急告知ラジオ等を通
    じて放送しましたが、「緊急告知ラジオを買ったのによく聞こえない」という声が複
    数寄せられました。原因は大きなビルに電波が遮られること等によるもので、状況確
    認のために社員が訪問してアンテナ分配器を取り付ける等の対策を講じています。

    (2)平成25年度収支決算は取締役会・株主総会の承認を得てから改めてご報告しますが、
    最近5年(平成19~24年度)の平均黒字額85.6万円を大きく上回り、長期停滞状況か
    ら脱する兆しを見せています。

    (3)新年度の4月から新パーソナリティー6名を採用しましたが期待以上の即戦力揃いで
    早くも新風効果を発揮してくれています。そして、長らく休止状態だった祝日の放送
    を通常状態に復活させたところ、リスナーからの熱烈メッセージにハッキリと
    「大正解!」の評価が示されました。また、新年度から私が局業務に専任することや
    社員の増員強化(1名採用、1名アルバイトから嘱託社員)により体制充実を図りま
    した。

    (4)4月20日の西宮市長選挙で今村岳司新市長が誕生、5月16日に初登庁され執務を始めら
    れました。阪神大震災の教訓から生まれたさくらFMは迫り来る南海トラフ巨大地震
    津波への備えを怠ることなく「いざッ!」という時には今村市長をリーダーとする
    西宮市としっかりと連携して市民の安全安心確保に努めます。

    (5)これまで「さくらFMの存在を一体どれ程の人が知っているのか?また聴いている人
    はどれくらい居るのか?」と指摘されていたことに対し、独自調査等で認知率約75%
    聴取率約50%を把握しました。また、インターネットサイマル放送は毎月1日に前月の
    詳細なデータが示されますが、さくらFMは兵庫県下の地域FMラジオ局(11局)中
    トップ、全国282局でも15位に付けており着実にリスナーを増やしています。
    サイマル放送は全世界が聴取範囲で、実際にアメリカや韓国等からのメッセージも
    少なからず寄せられることから、今後の放送事業展開を見据えた分析研究を継続しま
    す。

    ====================================================
    ■ 3.今後(含・H26年度)の活動志向
    ====================================================

    (1)まず、6月10日の第18期(平成26年度)定時株主総会を実り有るものとするため万全の
    準備で臨みます。

    (2)私が社長に着任(平成24.10.26)した24年度は売上高が23年度より1,000万円近く
    増え歴代最高(6,140万円)だったにも拘わらず純利益は約20万円の伸び(約90万円)
    に留まりました。25年度は売上高が2期連続最高額を更新し、純利益も大きく伸びて
    財務健全化の兆しを示しています。
    26年度は体制充実=人件費アップによる収益圧迫リスクを上回る純利益確保が大きな
    課題となります。これを実現させるため私を先頭に社員全員一丸となって営業活動に
    励みます。

    (3)そのために、「良い番組づくり」「さくらFM認知率、聴取率のより向上」「市民お
    よび企業・団体に親しまれ、頼りにされる放送局に成長」「企業各位にスポンサーと
    なることの割安感、値打ち感を感じて頂ける実績の積み上げ」に全力投球いたします。

    (4)これらの具体案や行動予定につきましては今後の実践・実現でもって逐次ご報告出来
    るようにしてまいります。また、さくらFM通信も今後は発信頻度を高めますので、
    ご意見ご要望等ございましたらどしどしお寄せください。
    各位におかれましては今後とも「さくらFM」のご指導ご支援をよろしくお願い申し
    上げます。

    ∞────────────────────────────∞
       西宮コミュニティ放送株式会社 (愛称:さくらFM)
         西宮市池田町9-7 フレンテ西館3F
         TEL:0798-37-5512 / FAX:0798-37-5515
         Mail : info@sakura-fm.co.jp
      
           代表取締役社長 北村英夫
              スタッフ 山内、岡、矢野、入江
    ∞────────────────────────────∞