•  
  • @fm787さんをフォロー

    HOME > さくらFM イベント > イベント詳細

    Information さくらFMからのお知らせ

    さくらFM通信 第8号

    2015(平成27)年 3月19日発行

    ┌┬──────────────────────────────────────
    ├┼┐  西宮       78.7MHz        2015(平成27)年 3月19日発行
    │└┼┐ さくらFM通信 第8号        西宮コミュニティ放送株式会社
    │ └┼┐                     発行責任者 北村英夫
    └──┴┴─────

    さくらFM通信をお届けさせて戴いている皆様、お久しぶりです。
    全国的には結構寒い冬でしたが西宮はまずまずで、これからは日に日に春めいてくること
    でしょう。間もなく新年度が始まりますが元気にまいりましょう。
    それでは今回もしばしのお付き合いをお願いします。

    ============================================
    ■Ⅰ.第7号(H27.1.4発行)以降のさくらFMおよび社会の主な出来事
    ============================================

    1.さくらFMはインターネットサイマル放送で聴けるので好評ですが、昨年12月から
      「ListenRadio」も導入して選択肢を増やしたところ、聴取者数が大きく延びる結果
      となりました。さくらFM益々快調です!!
          
    2.1月10日の未明から早朝、西宮神社・十日戎の開門神事特番放送を実施しました。
      深夜にも関わらず熱心なリスナーさんから多くのメッセージを頂き、睡魔の出番があ
      りませんでした。

    3.今年は阪神淡路大震災から20年の節目の年です。1月15日にはフレンテホールで「チー
      ムさくらFM」のジャズピアニスト金谷こうすけさんと彼の仲間たちによる追悼コンサ
      ートがありました。増井孝子さんが総合司会、佐々木美穂さんと斉藤幸恵さんも朗読
      で参加しました。フィナーレの震災組曲「フェニックス」は聴く者の魂を揺さぶる迫力、
      2月の「さくらスーパーソング」にも取り上げ多くの方に聴いて戴きました。

    4.1.17当日は阪神間のFM4局(西宮さくら・尼崎・伊丹・宝塚)で初の合同特番「阪神
      淡路大震災から20年-いま私たちにできること」を生放送しました。4局は「連絡会」
      を結成して日頃から交流していますが、今回の取組みは総務省近畿総合通信局にも「画
      期的」と高く評価戴きました。

    5.1月18日のフレンテホール、世界で活躍する西宮生まれのロックバンド・キングブラザー
      スの復活1周年記念ライブが催されました。その様子はさくらFMで生中継、なんと今村
      市長も加わってのパフォーマンスに会場は興奮のるつぼだったそうです。

    6.1月24日は「越木岩防災の日」。小学校単位では全国屈指のレベルと規模の防災訓練は
      見学に行くだけでも値打ち十分、さくらFMも「地域の放送局で緊急時のお役に立つ」
      ことをアピールさせて戴きました。

    7.2月25日、長野県駒ヶ根市の中央アルプス観光(株)さんと早太郎温泉の若女将がお越し
      になって木曽駒ロープウエイや大自然、温泉と美味しい料理を用意してお待ちしています
      とアピールされました。関西での営業にさくらFMに注目戴いたことが嬉しいじゃありませ
      んか。

    8.東日本大震災の被災地の内さくらFMは西宮市が支援している宮城県女川町、南三陸町や
      臨時災害FM各局と交流しています。3年となった昨年は震災追悼式の様子を見届けたうえ
      で特番放送や参加メンバーの感想文集をホームページにアップして好評でしたが、今年は
      震災追悼式前の3月5~7日に3人を派遣して復興事業の進捗や昨年顔見知りになった方々の
      近況を確認しながら特別番組を制作しました。

    9.女川、南三陸両町共この一年で事業が大きく進展していました。女川は主産業である漁業
      の漁獲量が震災前の水準に回復するなど東北全体でみてもトップランナーの様子、南三陸
      も今後急速に事業ピッチを上げる勢いを感じました。特番は3月14日に放送しましたが大
      変好評でしたので3月28日(土)の17時30分に再放送します。是非お聴きください。

    10.2月25日、万葉集研究家の山内英正氏の講演が市役所東館8階大ホールであり、さくらFM
      はその様子を3月15日に放送しました。山内氏は万葉集研究の大家・故犬養孝博士の愛弟子
      ですが知識の豊かさには感心します。さらに驚いたのは受講者の多さ、これもさくらFMの
      仕事をさせて貰っているからこその発見です。

    11.3月15日、甲東ホールで「大甲東宴」なる地域イベントが催されました。会場は超満員、
      演目は多彩、パネルディスカッションには今村市長、芝川千島土地(株)代表取締役会長、
      松田門戸厄神東光寺住職の登場で貴重な話が聞ける等どれも見ごたえ・聞き応え十分でした。
      既に来年の開催も決定しており今から楽しみです。

    ============================================
    ■Ⅱ.ちょっとひと休み
    ============================================

    1.毎年1月は各種新年会のオンパレード、市内で唯一のシティホテル「ノボテル甲子園」
      に行く機会が多いですが、今年印象の強かったのが「西宮青年会議所新春賀会」。
      人気のまち西宮の勢いをはっきり感じさせる熱気充満のパーティーでした。気鋭の
      若手経営者集合体の溢れるエネルギーをさくらFMの成長にも振り向けて戴けるよう
      働きかける必要性を感じました。

    2.西宮市が発行した「阪神・淡路大震災20年誌」が好評です。初版が直ぐになくなり
      増刷されましたが、私(北村)も18頁で震災当時やさくらFMのことを語っています
      ので是非お目通しください。

    3.私事ついでに第7号でご案内しました神戸新聞夕刊1面「随想」欄に私も執筆させて戴い
      ています件、「さくらFMのためなら悪いこと以外何でもする」気でお受けしたものです。
      全7回の内4回済みあと3回(3/19、4/3、4/20の予定)ですが、こちらもお読み戴いて
      ご意見等頂けたら嬉しいです。

    4.2月から3月にかけて市内酒造6社の蔵開きが催されました。昨年も好評でしたが今年は
      より凄い人出で人気商品は試飲も販売も品切れ。お聞きするところ長く低落傾向に
      あった出荷量はほぼ底打ちとなり、高級品の伸びで売上額は上昇に転じているとか…
      実際各蔵元は意欲的な新商品やアンテナショップの開拓等に頑張っておられます。
      長く西宮の主産業で文化にも貢献してきた日本酒の捲土重来に期待大です。

    ============================================
    ■Ⅲ.今後の予定
    ============================================

    1.昨年8月、北部畑山の送信局が落雷でダウンして塩瀬・山口地域の皆様に多大のご迷惑を
      おかけしました。原因は危機管理システムの不備と人為ミスの複合でしたが3月中に人為
      ミス防止対策も合わせてシステム整備を終えます。失敗を教訓にハード・ソフト共に強化、
      放送局としての強靭化に努めてまいります。

    2.間もなく4月、新しいタイムテーブル発行の時期です。さくらFMでは年2回発行
      (4~9月と10~3月)していますが、今回からサイズを大幅拡大し部数も3万から4万部に
      増やします。市役所を始めとする公共施設や200以上の設置協力店、市内でのイベント時に
      配布していますので、入手戴きさくらFMを身近に置いてください。

    3.4月に入ると12日に県会議員、26日には市会議員と2つの選挙が行われます。最近国政や
      首長選挙ではNHKや民放各局が出口調査の結果に基づいて投票締切り時刻直後から
      結果予測を放送しますが、市会議員になると候補者が多い等で難しいようです。
      地域ラジオ局としてどういった対応をすべきか、市選挙管理委員会との協議も含めて今後の
      課題だと考えています。ともあれ、日々の暮らしに関する私たちの意見を市政に反映してく
      れる代表を選ぶ大切な選挙です。棄権せず、必ず投票しましょう。

    4.平成26年度も残り僅か、会社経営上最も重要な決算の締めが迫ってきました。さくらFMは
      平成20~24年度の5年間厳しい状況が続きましたが、25年度は売上額が歴代最高、純利益も
      大きく改善して反転攻勢の足場を固めました。26年度決算の状況は概要を次号で、最終結果
      は6月の定時株主総会を終えてからご報告しますが極めて堅調です。

    5.この勢いを継続し財政基盤をより強固なものにしていくのに、H27年度の運営が極めて重要
      となります。私を始め社員・役員からパーソナリティさんまで一丸となって頑張りますので
      各位におかれましても引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

    6.H27年度は西宮市制施行90周年の節目です。今、市内の書店では90周年記念の写真集
      「ふるさと西宮」(監修・山下忠男西宮文化協会会長)の予約受付け中です。9,990円はちと
      高値ですが1,000部限定・再販なしですので興味がおありの方にはお勧めです。

    7.今年は太平洋戦争終結70年、また阪神タイガース創設80年の節目でもあります。さくらFMは
      市制90年も合わせて、3つの周年記念番組制作に向けて検討を始めていますが、皆様からご意
      見等頂けたらありがたいです。よろしくお願いします。

    ============================================
    ■Ⅳ.「緊急告知ラジオ」関係のご報告です
    ============================================

    1.今年に入って西宮商工会議所様から130台まとめ買いのビッグなお話を頂きました。
      会員さんに配られるのでしょうが、市内の事業所・商店さんにラジオの存在を認識して
      戴けることが何より嬉しいです。

    2.昨年1月に販売を開始して以来1年3ヶ月で、累計台数は2,000台超となりました。
      「南海トラフ巨大地震」発生をいち早くキャッチし、迅速な対応に繋げる体制がラジオ
      普及に比例して強固になっていくのは間違いありません。最近では市議会議員の方々も
      「たまには北村の顔でも見に行ったろか」と来局・購入にお越し戴いています。

    3.H27年度もまとめ買いを検討戴いている団体が複数あり、このような動きがより広がって
      いくようさくらFMを挙げて努力中です。皆様も引き続きご支援くださいますよう切に
      お願い申し上げます。

    第7号でも触れましたが国内外とも陰湿・凶悪な行為が多すぎます。インターネットの普及で
    何事も瞬時に伝わる時代、文明の進歩に竿をさす訳には行かないでしょうが受け手がしっかり
    しないといけませんね。身近なところでの安全安心確保に努めましょう。

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         さくらFMを大きく育てるのは、あなたであり御社です!
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

      まず番組をお聴きください。どのラジオ局にも負けない西宮らしい品良く
     上質の番組に触れて戴けます。そのうえでご意見・ご要望等どんどんお寄せ
     ください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

    ============================================
    この「さくら通信」は、配信を希望された方・名刺交換をさせて頂いた方などにお送りし
    ています。メールアドレスの変更・配信解除は、お手数では御座いますが下記のアドレス
    宛に変更・配信解除の旨を明記の上、送信して下さい。
    メールアドレス info@sakura-fm.co.jp
    ============================================

        ∞────────────────────────────∞
           西宮コミュニティ放送株式会社 (愛称:さくらFM)
              西宮市池田町9-7 フレンテ西館3F
              TEL:0798-37-5512 / FAX:0798-37-5515
               Mail : info@sakura-fm.co.jp
          
                代表取締役社長 北村英夫
                  スタッフ 山内、岡、矢野、入江
        ∞────────────────────────────∞